読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

03/11 超特急 うたうたい vol.3 TAKASHIヒットパレード〜春に白い雪が降る〜 presented by TAKASHI

 

こんにちは。今回は3月11日にニューピアホールにて行われた「超特急 うたうたい vol.3 TAKASHIヒットパレード〜春に白い雪が降る〜 presented by TAKASHI」のレポをまとめたいと思います。めちゃくちゃわたしの心の声が漏れてるけど内容がほぼないのでスルーしてください。

 

-----------------------------キリトリ----------------------------

 

まずはセトリ。

1. Whiteout / 超特急

2. 愛 Know マジック / 米米CLUB

3. 君は薔薇より美しい / 山崎育三郎

MC

4. ずっと好きだった / 斉藤和義

5. 恋 / 星野源(short ver.)

6. だいすき / 岡村靖幸

MC

7. メロディー / 玉置浩二

8. LOVE AFFAIR~秘密のデート / サザンオールスターズ

9. 明日晴れるかな / 桑田佳祐

MC

10. 奏 / スキマスイッチ

〜アンコール〜

11. 超えてアバンチュール / 超特急

12. ハーモニー / コーイチ・タカシ共作

 

ここから詳しく書いていきます。メモをしていたんですが多少の間違いはあります!ごめんなさい!許してください!こんな感じだったよ〜っていうニュアンスが伝わればそれで十分です。

 

 

会場が暗くなり、突然バンドの方々が音楽を鳴らす。わたしは最初なんの曲か理解してなくて(パニックでしたね)「えっ?この曲何?」って思ってたら『Whiteout』その次に8号車のギャーーーーーーって悲鳴。すると会場の前方左扉からタカシくん登場!!!(拍手)「今日は楽しんでいってな〜!」という声と共に会場をぐるりと歩き始めるタカシくん。ここがマーーージで王子様だったんですよ。松尾太陽ディナーショーをやるのもそう遠くはない(確信)会場を歩き終わりステージに上がるタカシくん。そのまま『Whiteout』を歌い上げる。

 

その次は『愛 Know マジック』この曲かわいくないですか!?!

「まさに天使の罠 愛は不思議なラビリンス・ワールド」

って歌詞がもう…タカシくーーーーーん!!!って感じで。本当にかわいい曲でした!タカシくんの甘い歌声にもぴったりです。

 

そして3曲目『君は薔薇より美しい』これは布施明さんの有名な曲なんですが、たぶんアコースティックver.という意味で山崎育三郎さんの名前を出したんだと思います。原曲はもう少し違うので…。この曲の最後のところでロングトーンで歌うタカシくんかっこよすぎて惚れました。あれ見て惚れない人いませんね!!!

 

そしてMC。

「どうもみなさん。うたうたい vol.3 TAKASHIヒットパレード、始まりました!今日初めてバックボーカルが分かれて、一人でライブするんですけど。まあ始まる前はどうなるの?って気持ちはあったんですけど、今はもう吹っ飛びました!これはみんなのおかげです。それではまず、バンド紹介をします!」

そしてバンド紹介。紹介してるタカシくんマジかわいい……(いつもかわいいけど)

「そして僕が……(ためる)タカシです!……いや、タカシですって言ったけど、なんかちゃうわ…。じゃあ、もっかいやります!僕が…タカシやで!」

ためたタカシくんかわいすぎて笑ってしまった。タカシやで!をかましてくるタカシくんかわいすぎて……国宝じゃん???(知ってた〜)

「今日はカバーに挑戦してるんですけど、僕J-POPが好きで、昔の曲とか懐かしい、そういうのが好きなんですね。やからこの場を借りて、その良さを自分の歌声を通してわかってほしいなと思います。まあ、こうしてうたうたいでいろんな曲を歌うんですが、ぎこちなかったり、おかしいところもあるかもしれないけど、最後まで見守って見てほしいと思います。」

見守るに決まってんじゃん……?どんなタカシくんもマジ最高だから……本気で…

「ちょびっと水飲むな」

はいでたーーーーーーーーーーーー!!!!!!か!わ!い!い!!これいつも言うからかわいい。タカシくんが水を飲むと笑顔に包まれる会場(ヤバイ)

「こういう時カイとリョウガがMC回してないのもなんか新鮮やな〜(*^7^*)」

 

「それでは次の曲にいきたいと思います。斉藤和義さんで、『ずっと好きだった』」

ざわつく会場(わかる〜〜〜〜)あの!『ずっと好きだった』を歌うタカシくんが!見れるなんて!!!

 

そして『恋』イントロ流れた瞬間の8号車の悲鳴(マジでわかる〜〜〜〜)しかもあの世間でも有名な「恋ダンス」をちょこっと踊るタカシくんがかわいいからもう絶句。その後もちょこちょこっと恋ダンスを踊るタカシくん。あ〜かわいい!これはもう優勝だわ。

『恋』はshort ver.で、途中で次の曲に切り替わります。

 

次が『だいすき』この曲のタカシくん、リズムに合わせておててがあっちいったりこっちいったりするのがかわいくてかわいくて…おててが愛おしい。あと二番かな?この曲のサビの「大好き!」っていうところでタカシくんが突然「みんな一緒にー!」と観客にマイクを向け8号車からの「大好き!」の声を求め始める。え、え………?何してんの…?かわいい……。そして8号車からの「大好き!」が返ってくるとにこにこして指で丸を作ってオッケーサイン。あ〜〜〜〜〜!!!(万歳)そして最後、2回目の「女の子のために今日は歌うよ」のところを「8号車のために今日は歌うよ」と歌うタカシくん………最高…。ああもうタカシくんって本当に最高じゃないですか!?わたしは終始号泣(明るい曲調なのに…)しかもこの曲の歌詞がはーちゃめちゃにかわいくてですね、ググってもらったらわかると思うんですけど、

「君が大好き あの海辺よりも 大好き 甘いチョコよりも こんなに大事なことはそうないよ」

甘いチョコよりも……!?!!?!た、タカシく〜〜〜〜ん!タカシくんは甘いチョコよりも甘いよ〜〜〜〜!!

 

そしてMC。

斉藤和義さんの『ずっと好きだった』、星野源さんの『恋』、岡村靖幸さんの『だいすき』を歌いました。なんか曲名だけ見たらめっちゃ好きやな〜!(笑)」

↑ここかわいかった。満場一致でかわいい。

「せっかくなのでうたうたいでしかできないことをやりたくて。今からしっとりというか、バラードの方を歌いたいなと思います」

そして後ろの幕が開きスクリーン登場。そしてタカシくんも着席。

 

そして『メロディー』や〜〜〜〜あのですね、このタカシくんがですね、あの………マジで歌声が本当に優しくて優しくて優しくて…すごいなんか…やばいんですよ。普段からタカシくんは優しいんですけど、その感じが声に出てるというか…めちゃくちゃ感動しました。泣いてました。

 

次に『LOVE AFFAIR~秘密のデート』サザンきた〜〜〜〜!!タカシくんの愛してやまないサザンオールスターズさん。聴き入ってしまいました。メモがないですね、ごめんなさい…

 

そして『明日晴れるかな』イントロ流れた瞬間曲がわかってしまい「ヴッ」と鈍い声を上げてしまう。この曲、タカシくんにぴったりだな〜歌ってほしいな〜って思ってたから嬉しかったです(超個人的感想でごめんなさい)タカシくんもプロポーズ大作戦見てたのかな…?そして何より桑田佳祐さんの曲なので、まあもう泣きますよね。

 

MC。

「いやあ〜こうして歌えてよかった。歌うって、楽しいですね。5年前、超特急になった頃、ボーカルもダンスも何も分からなくて…どうしたらいいんだろう。どうしたら一人のボーカルとして認めてもらえるんだろうってすごく考えてました。でも今こういう風に、一人で歌わせてもらって、そしてたくさんの8号車に僕のライブを聴いて、見てもらえること。本当に嬉しいです。本当にありがとうございます」

「……本当にここは暖かい場所で、これからもいろんなことをしていきたい、バックボーカルとして頑張っていきたい。8号車に見てもらって、笑顔で楽しんでもらえることがすごく嬉しいし、やっぱりここがホームだなって、今日のうたうたいで実感しました。今回のうたうたいでは自分のルーツになった曲や、好きな曲を歌うんですが、みんなと一緒に音楽を楽しめるきっかけになればいいなと思います。うたうたい vol.3としてやってきましたが、これからもずっと続けたいきたいと思いますし、自分ももっと成長して、いろんな面を見せていきたいと思います。本当に…いろいろ言葉が拙いこともあるし、頼りないけど、これからもずっと乗車してください」

(拍手)

「………いや〜、自分一人でここまでしっとりした空気作るなんて、始まる5分前は思ってなかった〜(笑)2017年、いろんな経験をして、そしてまだまだ、一緒に、共に進んでいけたら嬉しいなと思います。それでは、早いんですが次で最後の曲となります。それでは聴いてください。スキマスイッチさんで、『奏』」

 

ヒィ………ここでまさかの『奏』………。

(一応説明すると、タカシくんは「松尾太陽」名義で2017年2月18日に公開した『一週間フレンズ。』に主人公 長谷祐樹(山﨑賢人)の親友役 桐生将吾役で出演しました。初単独出演映画です。この『一週間フレンズ。』の主題歌がスキマスイッチさんの『奏』でした!まだまだ公開中なので是非!よろしくお願いします!)

8号車の悲鳴に似たようなざわつき…いやもうこんなん…イントロ聴いただけで泣きますわ…綺麗だったなあタカシくん。すごく綺麗でした。

 

最後の挨拶。

「今日はありがとうございました。超特急、タカシ、これからもまっすぐ突き進むので、一緒に笑顔になって突き進んでもらえたら嬉しいです!みんなの笑顔が僕の生きがいです。明日も、明後日も、これからも、ずっとみんなのことを笑顔にし続けていきます!今日は本当にありがとうございました!」

た、タカシくん……。みんなの笑顔が〜って話し始めたタカシくんがすごく堂々としていてかっこよかったです。タカシくんは自分のことを頼りないって言うけど、全然そんなことなくて…。堂々と歌い話すタカシくんを見て、頼もしいなって、わたしは思いました。

 

タカシくんがはけて暗くなるステージ。鳴り止まない拍手。アンコールの声。手拍子。するとステージが明るくなり、タカシくんが再び登場。

 

アンコール。

「アンコールありがとうございます!あの、一人でライブするのってないからどんな反応かワクワクしてたんです。でも、今日こうして歌ってみて、みんなが笑顔になってくれて嬉しいです。うたうたいで好きな曲とか自分のルーツになった曲をやらせてもらってってのはあったけど、……あのね、みんなもっと暴れたいやろ!?」

突然何を言い出すのかと思ったら…暴れたいってwwwwかわいいなあ!!!!わいわいする8号車を見て「やっぱりそう!?」って嬉しそうにするタカシくん尊すぎ。そうだよ…そうだよ…(ひたすら同意)

「今日はみんなペンライト持ってきてへんと思うねんけど、自分の拳、タオル、カバン(?!)ポケットに入ってるボールペンでもなんでもいいから一緒に盛り上がるアンコールにしたいです!」

カバン振り回したらあかんでしょタカシくん(かわいいなあ)

「あっ!でも隣の人とかには気ぃつけてや!(腕振る)あぁっ!(ぶつかる仕草)みたいなんはあかんからな」

タカシくんの優しさ〜〜〜777%〜〜〜!!!こういうところが好きです、はい。

「これに関しては…僕自身もどうなるかわからないです!ふぅー…それではいきます。『超えてアバンチュール』」

 

ま、ま、まさかの〜〜〜〜!!!『超えてアバンチュール』!!(超特急 2ndアルバム『Dramatic Seven』3曲目に収録されてます)これに関してはもう、すごかったの一言!まず、バックボーカルは二人いるのでその二人分を歌うタカシくんがすごかった…あとあのなんともいえない高揚した会場の空気。すごかった…予想外すぎて…「会いたーい!逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ!」のセリフ部分はバンドメンバーの紹介でした。

 

「いやあ〜〜、7人分のエネルギーたくされたわ…。これ一人でやるんすごいなあ!というわけで、楽しんでいただけたでしょうか!?」

(拍手)

「なんか一音頭終えた感じやな…」

表現方法が面白すぎるタカシくん好き。

「やっぱり僕たち超特急は、みんなを笑顔にしたいと思ってて。大人っぽい自分を出したいけど、やっぱり今日は、しっかりと笑顔になって帰ってもらいたいなと思って。全力で超えていきました(笑)でね、あともう一曲あるんですよ。やっぱり、一人で歌ってきたけど、一人じゃ寂しいし、ちょっと超えて!とか言うたけど、まあ…超えていくためにも!彼を呼びたい!コーイチカモン!」

 

そしてもう一人のバックボーカル、コーイチくんが登場。(超特急はメインダンサー&バックボーカルのグループで、バックボーカルはコーイチくんとタカシくんの二人のみになります)ここからは「」の前に

コーイチくん→1

タカシくん→7

を書いていきます。

 

1「いや…あのさあ、一人で超えてくれへん?(笑)」

7「ええ!(笑)超えられへんよ」

7「というわけで、コーイチです!」

1「どうも〜コーイチです」

(拍手と歓声)

1「やったあ〜タカシのファンにキャー!って言われた〜!」

7「ええ!!!みんなこれからも俺に乗車してや!?」

1「俺もええで〜〜」

7「何言うてるん!割と間に*$☆#¥(噛む)」

1「ええ?(笑)」

7「テンパってしまった…」

1「(脇腹を指でつつく)」

7「ツンてすな!脇腹ツンてすな!(笑)」

1「いやあ、見てたよ。そこで」

7「緊張したよぉ〜」

1「ってかあれなんなん?てーてててーとかさあ」←(たぶん恋ダンスのこと)(たぶん)

7「いや!?待って!ダイジェストでやりすぎ!」

いやいやいやいや、漫才か??!めちゃくちゃかわいいんですけど!?!!!?!

7「うたうたいなので、やっぱり二人で届けたいなと思って。二人で共作した歌です。僕が詞を書いて、コーイチが作曲とか、他にもいろんなことを…」

1「…え?なんかしたっけ!?!え!?なに!?ご飯作ったろか〜みたいな!?」

7「いや!なんやねんその近所のおっちゃんみたいなん!」

1「なんやねんなもぉー!これじゃ始められへんやろ!俺始められへんわ!!」

7「なんなん…厄介…(ぼそり)」

タカシくんに厄介扱いされるコーイチくんやばい。

7「バックボーカルは、2人があって成り立ってると思ってて。最後はしっかりと締めたいなと思います。それでは、準備の方に…」

タカシくん、上手側に数歩歩く。

1「いや!!やっぱあかんやろ!!」

7「ええ!?!準備しますであかんってどうしたらええねん!!」

1「アッヒャヒャヒャヒャ」

7「2.3歩 歩くだけやで!?」

1「ごめんごめん。始めよ」

コーイチくんが下手側に数歩、タカシくんが上手側に数歩歩き、互いに向き合った状態になる。

7「それでは聴いてください。『ハーモニー』」

 

『ハーモニー』す……ごかった……共作だったんですが、あれってたぶん互いに相手に向けてのメッセージみたいな感じなんですかね?タカシくんが一番、コーイチくんが二番で、サビは互いにコーラスで入るんですが、そうなのかな?って思いました。本当のところはわかりません!違っていたら消します。やっぱりバックボーカルは唯一無二だなーーーー!!!!!ソロも嬉しいし好きなんですが、やっぱりバックボーカルが二人で歌ってると最強で無敵感半端ないですよね。最高。

 

7「『ハーモニー』でした。こういう風に、コーイチと歌わせてもらって、共作もして、自分も新たな一歩を踏み出せました。……なあ、見てて俺どうやった?」

1「は!?!なんなん!?」(後ずさり)

7「やって、気になるやん!」

1「…やから、歌詞にもあったやろ?これからは、後ろで見守ってるよ」

7「えへへ………惚れたあ!」

1「まあ、いつか見放すけどな」

7「ええっ!?電車やのに!?」

1「ここからこう、スパーン!て」

7「ええ!?そんなことある!?」

だから漫才かよ!!!かわいいな!!!許すわ!!!!

1「ほんで俺いつはけんの?」

7「それは今からやるやん!」

1「お、おお」

7「こうして笑顔で話せて、本当に楽しかったです。いろんなうたうたいをこれからも繋げていきます。コーイチでした!ありがとう!」

コーイチくん、はける。おててふりふりしてるタカシくん超かわいい天使だわ…

「僕、あんまりしんみりした空気得意じゃなくて!笑おうや!って思うんですよ」

「これからもいろんな一面、自分なりに表現していけたらなと思います。すごくいろんなことに挑戦したいし、これからも笑顔を届けていきたいです!…じゃあ最後はバンドの皆さんと締めたいなあ〜!!」

そしてバンドメンバーの方達が前に出てきて手を組み、タカシくんがマイクを通さず「ありがとうございました!!」と挨拶をして礼。会場は割れんばかりの拍手で包まれ、『超特急 うたうたい vol.3 TAKASHIヒットパレード〜春に白い雪が降る〜 presented by TAKASHI 』は終了しました。

 

-----------------------------キリトリ----------------------------

 

タカシくん、本当にどの場面もかっこよくて。本当にかっこいいし美しいし綺麗だし、見惚れちゃうんですよね。同時に、タカシくんって本当に素敵な人だなと思いました。優しくて素直であったかい、まさに太陽みたいな人だなって。わかってはいたけど、なんだかすごくそのことを実感したライブでした。いいライブでした。本当によかった。最高でした。

それにしてもずっと泣いてましたね…もうタカシくんが笑うだけで涙が出てくるからやばい。

 

タカシくん、お疲れさまでした!素敵なライブをありがとう。またうたうたいが開催されること、楽しみにしてます。

 

長くなりましたが、ニュアンスだけでも伝われば幸いです!読んでいただきありがとうございました。

 

 

2日目のレポはまた後々まとめ次第掲載します〜